債務整理 自己破産

債務整理にはいくつか種類があり、自己破産はその一つです。債務整理は方法によってメリット、デメリットがありますが、自己破産の場合はデメリットが大きいのでほかの債務整理の方法で解決できない場合に最後の手段として使われることが多いです。

裁判所の手続きが必要で、条件も厳しいということもあり、どうしても借金を返済できない場合にこの方法によって手続きをすることになります。借金問題を放置してしまい、時間が立って利息などによって借金が膨らんでどうしようもなくなっているとこの自己破産しか取る方法がないという事態にも陥りかねませんので、はやめに相談することが大事です。

自己破産をすると個人の信用情報にも記載されて、約7年程はローンや新たな借入ができなくなります。ほかにも官報に掲載されたり、一定以上の財産の処分、特定の職業の資格制限を受けます。

状況が悪くない時に相談すれば、選択肢もいろいろとあるので、とりあえず、まずは相談することから始めましょう。こちら↓では匿名で法律相談所を探すことができるのでこういうところを活用するようにしましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。