債務整理をするとクレジットカードは作れない?

債務整理 クレジットカード


債務整理をするとクレジットカードは作れなくなるのか?

こういった疑問を持ってるか方も多いと思います。クレジットカードは便利ですし、これが作れなくなるとけっこう痛手ですよね。結論としては数年間はクレジットカードの審査が厳しくなるので作るのは難しいです。

債務整理は借金に苦労している方を救済する制度であり、こうした制度を利用するということは客観的にみるとお金の管理に問題があると思われてしまいます。

借金をする事情はいろいろあるので必ずしもお金の管理に問題があるとはいえませんが、お金を貸す方からすればすこしでも返済が厳しくなるリスクが高いような人には貸したくないという心理が働きます。そのため債務整理をするとクレジットカードは作りにくくなります。

債務整理をすることで信用情報に記録が残りますので、こうした記録をもとに審査されると弾かれる可能性が高いです。期間については、5年から10年位はきびしいと言われています。

債務整理してもクレジットカードが作れる場合もある


一般的には債務整理をすると5年から10年位は新しいクレジットカードを作るのは厳しいと言われていますが、これについては、個人差もあります。

ネット上ではこの期間を経過することなく作れたという方もいます。クレジットカードの審査では勤続年数や収入、資産などを考慮されるのでこうした数字がいいと債務整理の記録があったとしても審査に通る場合があります。

また、債務整理した債権者とは違う会社であればクレジットカードを作れる場合もあります。審査基準はカード会社によっても異なりますし、審査が緩いようなところであれば過去に債務整理をしていても審査が通るケースもあります。

この時の注意点としては短期間で多くの複数のクレジットカードを申し込まないようにしましょう。一気に複数のカード会社に申込みをしてしまうといろんなところから借金をして多重債務になるのではないかと会社から危惧されて、貸し倒れのリスクが高いと判断されて審査が落とされやすくなってしまいます。

クレジットカードを作らないという選択肢


新規のクレジットカードが作れないというのは債務整理のデメリットのように感じるかもしれませんが、見方を変えれば強制的にカードで借金をせずに生活することになるので健全な経済感覚が身につくかもしれませんね。

クレジットカードを持っているとついつい使いすぎてしまうという方も多いと思います。そういう方はクレジットカードを持たない生活に慣れるようにするといいかもしれません。現金のほうが自分がどのくらい持っていてどのくらい使ったのか分かりやすいですし、お金の管理の仕方も身につくのではないでしょうか。

どうしてもクレジットカードが必要という場合には、デビットカードなどで代用できないか考えてみるのもいいと思います。デビットカードであれば信用情報に問題があっても申込みできますし、便利に使うことができます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。