債務整理 生活

債務整理による生活への影響


 
債務整理という方法は普通に生活していれば縁がないですし、債務整理をすることで生活にどんな影響があるのか分からない方が多いのではないでしょうか。まず、基本的には借金を解決するのに有効な方法であり、債務整理をすることで借金問題から開放され、その後の生活も楽になります。

多くの方が債務整理をした後に、やってよかったと感じたり、もっとはやくやればよかったと思っています。債務整理はめんどくさい手続きが必要だと思い込んでいたり、弁護士に頼むのは気が引けるなどの理由で債務整理を躊躇してしまう方もいます。

しかし、実際にはまったく大変なものではなく、依頼すれば、あとは弁護士の先生が手続きをしてしまうので、拍子抜けするほど簡単に解決することもあります。借金の状況が悪化すればするほど手続きは大変になり、期間や費用もかかりますので、とにかく早め早めに相談するのが一番大事です。


基本的にはメリットが多い制度ですが、デメリットもあります。債務整理をすると個人の信用情報に事故情報が残るため、クレジットの新規作成やローンが組めなくなります。ローンは貸し出しの際に審査がありますが、事故情報が残っていると審査が通らないです。基本的には5年から10年はローンや借金ができないと考えておいたほうがいいです。

結婚していて配偶者や子どもいる場合も、家族には影響があるのか心配する方もいますが、債務整理しても配偶者や子どもには影響はなく、普通に暮らすことができます。家族が保証人になってる場合などは、返済の義務を負うなど状況によっても変わってきます。

債務整理のなかの任意整理という手続きはそれほど大きな影響はありませんが、自己破産の場合は暮らしに最低限必要なもの以外は差し押さえられてしまい、生活に影響がでます。

不安な点があればまずは弁護士に相談してみましょう。相談だけは無料でできる事務所が多いですし、安心です。そこまで大きな借金でなければリスクが少ない任意整理で解決することが多いので状況が悪くならないうちに相談したほうがいいです。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。