債務整理をしたあと住宅ローンは通らない?

債務整理 住宅ローン


債務整理は借金をして困窮している人を救済する制度となっていて、基本的にはメリットのほうが大きいと言われています。債務整理によって借金や利息が減額されたり、支払いの取り立てが停止されたりと借金問題を解消する有効な方法ではありますが、いくつかデメリットもあります。

その1つが信用情報が残ってしまうという点です。信用情報とは簡単に言ってしまうと金の貸し借りや契約など客観的な事実に基づいた取引情報のことをいいます。債務整理をするとこの信用情報に記載されてしまいますのでローンの審査やクレジットカードの審査が通りにくくなると言われています。

債務整理は自力で借金を解決できなかったということなのでお金にルーズと思われてしまい、金融機関も警戒して審査を厳しくしてしまうわけです。特に自己破産などは借金を返済せずにチャラにしているわけですから審査はかなり厳しいと言われています。

債務整理したら住宅ローンは無理?

 
信用情報が残ってしまったら住宅ローンは無理なのかと思ってしまう方もいるかと思いますが、必ずしもローンを新規にくむことができないというわけではありません。頭金が多く用意できたり、利息を高くするなどしてリスクを低減できるようであればローンを組むことができます。

ただ、債務整理後5年から7年位は信用情報が残ると言われていますので、この期間は厳しいと考えておいたほうがいいかもしれません。なるべくならこの期間に生活の立て直しをはかってお金をためておいて、経済的な基盤を強固にしてから住宅ローンの審査を受けたほうがいいと思います。勤続年数が長く、収入が多ければ審査が通りやすくなりますので、1つの会社で働いて収入を増やしていくのが確実かもしれません。

実際にローンが実際に組めるのはどうかについては状況によっても違うようなので、頭からあきらめないほうがいいですが、厳しいということは確かなので審査が通らないということを前提に行動したほうがいいかもしれませんね。とくに債務整理をした金融機関は5年から7年を経過しても審査が通らないことも多いです。その場合はほかの金融機関のローンの審査を受けましょう。

あとは配偶者がいれば配偶者の名前でローンを組むことはできます。債務整理をしても配偶者の信用情報には影響はないので審査に通りにくいということはないと思います。このあたりはよく話し合って決めましょう。

将来的にローンを組みたいという方は債務整理の前に弁護士の先生と相談してみましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。