債務整理 任意整理

任意整理とは



任意整理は債務整理手続きのひとつで借金の状況がそこまで深刻ではない場合に行われることが多いです。裁判所の手続きによらずに、依頼を受けた弁護士と債権者が交渉して取り立ての停止や利息の猶予などの交渉をしていく手続きです。

私的な整理手続きで、お金を借りた債務者と貸した債権者が任意で話し合いをして借金を減額してもらったり、支払いの猶予期間を決めたりして返済をしやすくします。

債務者自身が行うこともできますが、手続きが素人には難しく、交渉も大変なのでプロの弁護士に依頼することが多いです。お金を借りている立場の人のほうが法律的には弱いということでこの手続きによって、借りている人に有利になるように手続きが進められます。


任意整理のメリット


任意整理は債務整理の中でもリスクが少ない方法といわれていて、よく利用されています。任意整理のメリットには次のようなものがあります。

・支払いの督促が停止
弁護士から債権者に任意整理の通知がされることで支払いが停止されます。苛烈な取り立てにあってる場合には、これだけでも心理的な負担はだいぶすくなくなるはずです。

・周囲に知られることなく手続きを進められる
裁判所を通した法的手続きではないので周囲に知られることなく借金問題を解決できます。官報に掲載されることもないので第三者にも知られません。

・過払い金が返済されることがある
利息制限法にもとづいて計算しなおして、過払い金があれば返還請求ができます。

・利息を減らして、猶予期間を設けるなど借金の返済を容易にする
借金を返済しやすくするように、債務者に有利な条件で契約をしてくれます。


任意整理のデメリット


債務整理のなかではリスクは少ない方法ですが、いくつかデメリットがあります。

・信用情報が残る
任意整理したという情報が信用情報に残るため、任意整理後は5年から10年の間は新規の借り入れやローンを組むことができなくなります。

・ほかの債務整理に較べて大きな減額は難しい
自己破産や個人再生といった手続きと比較すると一気に借金を解決するのは難しいです。

・債権者に交渉に応じる義務はない
法的な手続きでの強制力はないので債権者が任意整理に応じない場合もあります。交渉に応じなかったり、和解が成立しない場合にはほかの方法によるしかありません。

・収入がなかったり、返済をまったくしていないと難しい
借金の返済を前提にして交渉しますので、返すお金がなかったり、一度も返済していないと和解は成立できません。和解の前段階として弁護士から依頼を断られてしまいます。


任意整理の費用


任意整理は弁護士に依頼することになるのでお金がかかります。弁護士事務所によって費用は異なりますが、任意整理の相場はだいたい次の通りです。

着手金:3万円~4万円(債務先1件につき)
報酬金:3万円~4万円(債務先1件につき)
減額報酬:10~20%(減額できた金額に対する割合)
過払い報酬:20~25%(取り戻せた過払い金額に対する割合)
その他諸費用:5,000~3万円


着手金が高いところは報酬金が少なかったり、着手金が低くて報酬金が高いところなど弁護士事務所によって費用はだいぶ違ってきます。弁護士報酬がいくらという規定はなく、当事者間で自由に決めるシステムになっているのでボッタクリには注意が必要です。


任意整理のまとめ


任意整理は弁護士や司法書士に依頼することで債権者との交渉を依頼主に変わってしてくれますのであとは報告を待つのみです。任意整理はもっともダメージが少なく、メリットも大きい方法であるといえます。

返済の目処がないほど状況が悪化してる場合には、この方法はできないのでこういった状況が悪化するまえに弁護士に相談するようにしましょう。

債務整理のシミュレーションができて、自分にあった弁護士を見つけることできるサイトもありますのでこうしたところを利用して早めに行動をはじめましょう。
街角法律相談所無料シュミレーター

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。