貯金があっても債務整理できる?

債務整理 貯金



借金をしてしまう経済状況などは人それぞれですし、なかには貯金がありながら、借金をしてしまったというかたもいるのではないでしょうか。将来不安とかもありますし、貯金はなにかあったときのためにしておきたいという方が多いはずです。

それではこうした貯金がある場合にも債務整理はできるのでしょうか?

結論としては問題なく、債務整理ができます。ただ、債務整理の種類によって異なっていきます。

・任意整理の場合


任意整理については貯金があってもなくても特にかわらず、問題なくすることができます。

貯金が取られたりしないかと不安に感じる方も多いと思いますが、任意整理であれば貯金がなくなるようなことはありません。本人、家族などの貯金もとられたりするようなことはないので安心してください。

任意整理は借金をしている人(債務者)とお金を貸している人(債権者)が交渉をして利息を減らしたり、返済がしやすくなるように話をしていきます。裁判所の手続きのようなものもないので貯金を申告することもないですし、貯金の有無は関係なくできます。

ただ、貯金がたくさんあるということが債権者に知られると交渉が難航することもあるようです。債権者が応じるかはどうかは任意であり、強制力があるわけではありません。貯金がたくさんあると知られれば任意整理に応じてくれないこともあるようです。

任意整理では、債務整理を依頼した弁護士が代理して債権者と交渉するので貯金が知られるようなことはありません。債務整理の実績がある弁護士であればそういうことは理解していますので問題なく対応してくれます。

・自己破産の場合


自己破産については、裁判所を通して手続をしていくことになります。この時は資産の状況も報告しなければなりません。借金がチャラになるので、所有できる資産には制限がかかり貯金も対象になります。貯金の金額によって制限がかかることになります。

何万円以上は制限がかかって借金の返済に充てなければならないという規定があります。東京地裁においては,残高が20万円未満の預貯金であれば所持が許されます。

借金の額や状況などによって有効な方法というのは変わってきますのでまずは弁護士に方に相談してみるのがいいかもしれません。

借金の返済と貯金どちらを優先させるのがいい?



借金をしているけど貯金をしたいというかたも多いのではないでしょうか。将来の生活のためには貯金は必須ですし、すこしでもお金をためておきたいという方が多いはずです。

貯金を全部使ってでも借金の返済に充てたほうがいいという意見もありますが、これはなかなか大変だと思います。

生活をしていると突発的にお金が必要になることもあります。思わぬケガや病気になることもありますし、冠婚葬祭で出費が必要になることもあります。こんな時に貯金がないと大変です。

貯金がなければ結局また借金に頼らなければならなくなってしまいます。こうした事態にならないためにもある程度の貯金は必要だといえます。貯金をぜんぶ切り崩して借金を返済するよりは貯金をしつつ、返済していくのが良いと思います。

返済が長くなることで利息により支払総額も高くなってしまいますが、なにかあったときにリスクは減らせるので、少しずつでも貯金していきましょう。

実際には借金の返済をしつつ、貯金していくのは大変だと思いますが、固定費を見直したり、生活を見直すことで節約できる部分があると思いますので、すこしずつでも貯金できるように生活をしていきましょう。

節約して出費を減らすのと同時に収入を増やすことも考えていきましょう。最近は副業とかもいろいろありますので、そうしたものを検討してみるのもいいと思います。メルカリやヤフオクなどの物販をやってみたり、SOHOなどの在宅できる仕事を探してみるのもいいかもしれませんね。

借金があるうちは大変だと思いますが、こうしたことをして貯金ができるようになると生活にも余裕がでてきて、自分にも自信がもてるようになるはずです。頑張ってやっていきましょう。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。