債務整理 デメリット

債務整理のデメリットとは



債務整理をすることで借金問題の解決につながり、いろんなメリットがあります。ただ、債務整理の手続のなかにはデメリットもあります。債務整理をためらっている方は、この制度のデメリットが気になっている場合が多いのではないでしょうか。

「費用が高いのではないか?」

「手続きが面倒なんじゃないか?」

「家族や会社にばれるのでは?」

こういった不安を感じてる方が多いですが、そこまで心配する必要はないといえます。

・債務整理をするには費用がかかる
まず費用についてですが、多くの法律事務所では相談が無料になっていますし、手持ちがない方向けに着手金0円でしてくれたり、分割払いが可能だったり、後払いが可能であったりします。無料相談の際にしっかりと料金を確認できますので、問題はないといえます。弁護士への報酬は必要ですが、債務整理をすることで借金が解決して、経済的に楽になるので報酬の支払いもしやすいです。


・債務整理の手続が必要
手続きについては、弁護士に依頼すればあとは、弁護士があなたに変わって債権者と交渉したり、手続きをしてくれますので、とくにめんどうなことはありません。依頼して報告を待つだけですし、難しい法律の知識もいりません。報告を受けたり、連絡をするなどの手間がありますが、それほど大きなデメリットはないです。

・家族にバレる可能性がある
弁護士は秘密厳守なので基本的には周囲にばれずに行うことができます。ただ、手続きによっては官報などに掲載されてしまうこともあります。ほとんどの方は官報はみないのでバレる可能性は低いです。

・新たにローンが組めなくなる
債務整理をすることによって、数年間はローンを組んだり、カードを作るのが難しくなります。信用情報は5年から10年残ると言われてるのでこの間は新たな借入は難しいです。不便を感じるかもしれませんね、借金をしないでやりくりするという習慣がみにつくとおもいますし、長期的にみればメリットにもなると思います。


債務整理は借金をしてる人を救済する制度なので基本的にはデメリットよりは、メリットのほうが大きいですし、この制度を活用する価値は十分にあるはずです。まずは無料相談してみましょう。

こちら↓のような実績があり、評判のいいところであれば、安心して依頼することができるはずです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。