債務整理 借金 返済

債務整理 借金 返済 方法



お金を借りたら、当然返さなければなりませんが、借りた時は大丈夫だと思っていても借金返済が苦しくなることは誰しもあると思います。

病気や怪我による急な出費や会社のリストラや浪費など返済が難しくなる理由というのは人それぞれだと思います。

返済が厳しくなった時に、借金を返済するために借金をするという方法を選択するかたもいらっしゃいます。しかし、これは、かなり危険です。利息が雪だるま式に重なっていき、どんどん状況は悪くなっていきます。

返済が厳しくなった時に、まずするべきことがあります。それは、借金問題のプロへの相談です。

借金問題のプロといえる人というのが弁護士や司法書士といった法律家です。借金の返済が苦しい場合は、法律上の問題が絡んできますのでこうした法律家に相談することが大事になってきます。借金の状況は人によって異なりますが、返済が難しい場合には、債務整理などを手続きをしてくれます。

債務整理 借金 返済 相談


債務整理というのは、借金をした人(債務者)を救済するための法的な制度で、この制度を活用することによって、借金がなくなったり、減額したり、過払い金が支払われたりされます。法律で定められた手続きになりますので、法律の弁護士や司法書士などの専門家に相談することになります。

多くの場合は、相談が無料になっていて、実際に依頼すると着手金など報酬が発生することになります。借金問題解決の第一歩はこういうところに相談することだといえます。

弁護士というと堅苦しい感じで不安に感じることもあるかもしれませんね。しかし、そうした心配はいりません。最近は、こういった借金問題に取り組む弁護士の数も増えていて、競争のためにサービスも向上しています。

知名度や実績のあるところも多いですし、そうしたところは丁寧に話を聞いてくれて、親身になって相談に応じてくれますので、そこまで心配する必要はないと思います。

債務整理 借金 返済 解決


相談を終えて、実際に依頼して着手してもらうことになった場合、状況に応じていくつかの方法が取られることになります。

その債務整理の方法は次の4つです。

1,任意整理
2,自己破産
3、個人再生
4、特定調停

取引状況や資産の状況などによってどれがいいのかは異なってきます。自分の状況を客観的に把握するのは難しいといえますので、専門家にアドバイスをもらうようにしましょう。

人によっては過払い金請求などでお金が戻ってくる可能性もあり、メリットは大きいといえます。相談の際には、この請求ができないかどうかも確認することになります。

債務整理による不利益がないのか心配というかたもいるのではないでしょうか。しかし、債務整理は借金に困っている方を救済する制度なので基本的にはメリットが大きいといえます。ただし、手続きによってはデメリットともありますのでこの点についても相談の際に確認しておきましょう。

相談はネットでも申し込みをすることができます。どこに債務整理の相談するのがいいのかわからないという方もいらっしゃると思いますので、実績があり、口コミや評判のいいところを↓にご紹介します。

1位 リヴラ総合法律事務所

公式サイトはこちら

24時間全国対応で、女性スタッフの丁寧な受付対応。費用の分割も最大1年OK。依頼者の85%が満足と回答。実績も十分なので安心して任せることができます。

公式サイトはこちら

2位 樋口総合法律事務所

公式サイトはこちら

安心の365日24時間対応。事務所は東京ですが、全国対応です。委任後すぐに取り立てをストップさせる手続きをしてくれますので、債権者の取立てに悩んでいるかたはこちらに相談するようにしましょう。

公式サイトはこちら

3位 新大阪法務司法書士事務所

公式サイトはこちら

手持ちのお金がなくても着手金0円で応じてくれます。分割などにも対応しており、明朗会計が特徴です。即日相談、受任が可能というのも心強いですね。

公式サイトはこちら





債務整理 借金 返済 シミュレーション


上で紹介したところ以外も検討したいという方には
こちら↓のサイトがオススメです。
街角法律相談所無料シュミレーター
住所不要、匿名、無料で自分の借金の減額方法をシミュレーションすることができます。こういったところを利用することであなたにピッタリの相談所が見つかるはずです。最適なところに相談して債務の悩みを解消しましょう。

弁護士と司法書士どっちに依頼するのがいい?


債務整理は弁護士にも司法書士にも依頼することができます。司法書士のほうが身近な気がするという方もいると思いますが、司法書士の場合、一定の制限がある行為もあります。金額によって代理権の制限があるので一定の金額以上だと代理ができないので弁護士に依頼することになります。

金額が大きいと司法書士に依頼したあとに弁護士にも依頼しないといけないということになる場合もあるのでちょっとめんどくさい部分もあります。弁護士であれば代理権の制限とかもありませんので最初から弁護士を選んだほうが良いかもしれませんね。

債務整理をする場合の弁護士の選び方


債務整理と弁護士



債務整理にはいくつか種類があり、個人でできるものもありますが、法律の知識が必要だったり、手続きが煩雑だったりますので専門家に任せるようにしたほうが確実です。あまり人に頼りたくないという方もいるかもしれませんが、自分でやるとなると負担も大きくなります。

自分のことになると客観的にものをみにくくなって、最適な方法で借金問題を解決するのが難しくなるなどデメリットのほうが大きいので、専門家に任せることが借金解決には有効です。

ただ、弁護士であれば誰でもいいということではありません。最近は弁護士の数が増えすぎていて、悪徳な弁護士もいるので慎重に選ぶ必要があります。

債務整理をスムーズに行うための弁護士の選び方


弁護士が増えていて得な業務も細分化しています。刑事事件が得意な弁護士もいれば、民事事件が得意な弁護士もいます。弁護士は得意としてるジャンルがありますので債務整理を得意としていて実績がある弁護士に依頼しましょう。

こういった専門家に依頼する場合に一番気になるのが費用だと思います。費用は依頼する上で大事なのが間違いないですが、費用だけで選んでしまうと失敗したり、スムーズに手続きが終了せず、トラブルになってしまう場合もあります。

費用が安い=債務整理が得意というわけではないので、報酬の安さだけに注目するのはよくないです。債務整理で多く使われる任意整理では債権者と交渉することになるので実績や経験が少ないとこちらに不利な条件で手続きが進んでしまう可能性もあります。

報酬の安さだけでなく、実績も十分に考慮しなければなりません。どのくらいの債務整理の実績があるのかも確認する必要があります。

債務整理の弁護士を選ぶ場合は実際に相談してみて人柄をみるのも有効です。債務整理の相談については無料で行ってくれるところが多いです。

不明な点があればその際にどんどん質問してみてそのときの対応をみるとその弁護士の実力や人柄は分かるはずです。分かりやすく紳士的な態度で丁寧に接してくれる弁護士であれば安心です。

弁護士を決める際はなるべく複数の弁護士に無料相談をしてみて、それから依頼する弁護士を決めましょう。いきなり1つに決めてしまうと基準が分からずよくない弁護士に当たってしまう可能性がありますが、複数の弁護士に相談することでより自分に適した弁護士が見つかるはずです。

債務整理を実際におこなった人の感想などをみても「早くすればよかった」とか「思っていた以上に簡単だった」という意見も多いのであまり心配ぜずに相談してみましょう。借金問題は時間が経過すると状況が悪くなりやすいのではやめの相談を心がけましょう。
街角相談所-法律-無料シュミレーター匿名申込